トロル (TROLL) Edit

特徴 - Features Edit

  • 爆発力No.1。追いつめられても一回のコンボで一気に逆転できるほどの攻撃力がある。
  • 打撃防御力は最強、魔法防御力は最弱。
  • 喰らい判定が大きく、動きも遅い。固められると何もできずに終わることも。いかに反撃に転じるかがポイント。
  • 外すと隙の大きな技が多く、常にバクチ要素が付きまとう。
  • 見た目に似合わず結構繊細な立ち回りを要求される。

戦術 - Tactics Edit

  • 牽制の屈A、先読み対空の屈C、攻めのJCなどで立ち回る。
  • 立ちCは置いておくと広範囲をカバーできて結構強力。
  • 相手が固まったら本命のコマンド投げ。追撃を入れて、更に端に追い詰める。
  • 叩き付けるの対になるスーパーアーマーの頭突きは強力。溜め時間で結構性能が変わるので、各Lvの性能を把握して使い分けよう。
  • 押され始めると切り返しが辛い。頭突きや殴り殺すで上手く割り込みを狙う。
  • 頭突きが強力なのでDを押しっぱなしにしがちだが、相手や画面位置によっては離してマナカウンターを狙うのも手。

通常技 - Normal Arts Edit

  • 立A … キャンセル不可。
  • 立B … キャンセル可。C叩きつけるへ繋ぐ連続技の要。
  • 立C … キャンセル不可。棍棒で叩く。威力が高いので叩きつける後の追撃に。
  • 6A … 出の早い斜め上への攻撃。対空に使えるが、ガード直後に出そうとすると叩き潰すが暴発しやすいので注意。
  • 6B … ガード時のみキャンセル可。相手を吹っ飛ばす。バウンド誘発。地上空中どちらで当てても受身不能。
  • 6C … 振り下ろし、振り上げの2ヒット攻撃。ガードされると1発目で停止する。
  • 屈A … キャンセル不可。リーチが長く牽制に使える。飛ばれないように注意。
  • 屈B … キャンセル可。拳骨を振り下ろす。
  • 屈C … 判定が大きく上方向に強い。対空に。飛び道具の相殺にも便利。
  • 立D … キャンセル可能。中段。1ヒット。判定は足を下ろすとき。足を上げてるとき投げられ判定が無い。
  • 6D … 立Dと似ているがこちらは中段ではない。2ヒット。判定は足を上げるとき。初段のみキャンセル可&相手を浮かせる。
  • 屈D … 唯一の下段技。相手をダウンさせるヘッドスライディング。技後自分も倒れるので、ヒットさせないと無防備になる。
  • ジャンプA …
  • ジャンプB …
  • ジャンプC … 拳骨を振り下ろす。下方向に判定が強い。
  • ジャンプD … 相手をダウンさせるボディプレス。技後自分も倒れるので、ヒットさせないと無防備になる。判定は2回あるが、1発目がヒットした場合は相手はダウンし、2発目は当たらない。

特殊技 - Extra Arts Edit

  • リジェネレーション(レバーニュートラル)
    • 1秒に1度位のペースで断続的に体力が回復。
    • 回復量は非常に少ない。がリードしているときに頭突きを溜めながら待って相手を攻めさせるという使い方は出来る。
  • 前投げ … つかんで頭突き。
  • 後ろ投げ … 前投げと同じ。
  • ガード不能攻撃 … C
  • マナカウンター … 頭突き

必殺技 - Super Arts Edit

  • 叩き潰す(4タメ6A〜C)
    • 非常にリーチが長く判定の大きい単発攻撃。棍棒を振り下ろすモーションだが中段ではない。
    • 単発で使う場合は、遠距離で相手のジャンプに重ねるように出すと良い。
    • 技後の隙が大きく、確実に当てないとかなり不利になる。
  • 踏みつける(2タメ8A〜C)
    • 相手に飛びかかって踏みつける突進技。中段。下段スカし性能あり。バーストキャンセル可能。
    • ヒットすると相手を浮かせる。バーストキャンセルすれば追撃可能。
    • Cで出すとかなり移動が速く、距離も長い。間合い次第でめくりも狙える。
    • 叩き潰すの方が優先度が高いらしく、ガードから出すなら1ため7とかで出したほうが暴発しづらい。
  • 頭突き(D押し続けて離す)
    • 2ヒット頭突き(Dをゲームカウントで1秒以上2秒未満押し続けて離す)
      • 発生早め。ガードされても間合いが離れ易く反撃を受けづらい。
      • 2ヒット目で壁バウンドを誘発。硬直も少なめなのでバウンド後は追撃可能。
    • 3ヒット頭突き(Dをゲームカウントで2秒以上3秒未満押し続けて離す)
      • この段階以降、壁バウンド効果は消失し、やられ判定を残した吹き飛びダウンとなる。
      • 3ヒット目はバーストキャンセルに対応。
    • 4ヒット頭突き(Dをゲームカウントで3秒以上4秒未満押し続けて離す)
      • レジストモード付(ハイパーアーマー)。
      • 3or4ヒット目はバーストキャンセルに対応。
    • 4ヒットダッシュ頭突き(Dをゲームカウントで5秒以上押し続けて離す)
      • レジストモード付(ハイパーアーマー)。
      • 2ヒット目からはバーストキャンセルに対応。
      • 発生が若干遅くなる。
      • 発生直後から投げ無敵が付加される。
      • 発生後かなり早くから足元に打撃無敵が付加される。
      • 2ヒット目から中段属性になる。
  • 上記のように溜め時間によって性能が4段階に変化する。
  • すべての段階において相殺不可。
  • 4段階目は攻撃判定が発生するまで見た目がダッシュと同じなので、ダッシュからの叩きつけるとの2択が強力。
  • 1段階目以外は空中ヒット後食らい判定あり。ただし硬直があるので追撃には要バーストキャンセル。(ンシドルやゴブリンはノーキャンセルで拾える)
  • 叩きつける(63214A〜C)
    • ガード・相殺不可のコマンド投げ。トロルの主力技。
    • ヒット後は浮いている相手に追撃可。
    • A>B>Cの順に発生が早い。
    • Aはモーションが短いので、遠距離で連発してゲージを溜めるのに使える。
  • A〜C連打
    • 棍棒で殴りまくる。
    • Aで3発、Bで4発、Cで5発。

マナバースト - Mana Bursts Edit

  • 殴り殺す(236236A〜C)
    • 暗転前無敵在り。カースの2回転を見てからかわせる。
    • 棍棒での打撃と飛び散る岩による攻撃。
    • コンボの締めおよび対空、牽制潰しに使用。
  • 236236D
    • 連続踏みつけからボディプレス。
    • 中段。下段スカし性能あり。
    • 踏みつけ部分をバーストキャンセル可能。

連続技 - Combos Edit

  • ジャンプA〜C > 立B > (c)C叩きつける > 各種追撃
    • 基本コンボ。
    • 追撃は用途やゲージ量に応じて以下を使い分ける。
      • 立C … 安定。C連打を暴発させないように注意。屈CやA叩き潰すよりも威力が高い。
      • A踏みつける … ダメージは立Cより若干少ないが、隙が小さく起き攻めに行きやすい。
      • 殴り殺す … 1ゲージ使って大ダメージを与える。できるだけ相手を引き付けて出すとヒット数が増える。
      • 6D初段 > (c)殴り殺す … 1ゲージ使用。6Dは一瞬ダッシュしてから出す。
      • (端)6D初段 > (c)ヘルパーゾンor弓IBor斧IB > 立C … 1ゲージ使用。画面端ならこんなことも。
      • A踏みつける > (bc)殴り殺す … 1.5ゲージ使用。
      • 236236D > (bc)殴り殺す … 3ゲージフルに使った追撃。殴り殺す単発と大差はないが、殺し切れそうならこれで。
  • 頭突き > (bc)殴り殺すor(bc)236236D
    • 頭突きがヒットしたらバーストキャンセル。
    • 1.5ゲージ消費するが、トロルは攻める機会が少ないキャラなので、ゲージは使えるときに使った方がいいだろう。
    • ンシドル、ゴブリンにはノーキャンセルで入る。
  • 2C > 殴り殺す(ンシドル、ゴブリン限定)
    • ンシドル、ゴブリンには2Cヒット後近ければ入る。2Cはキャンセル不可なのでノーキャンセルで。
  • 立ちD > (c) C叩きつける>各種追撃
    • 間違えて出てしまった立ちDがヒットしたときのコンボ。一応中段始動。

アイテムとの相性 - Using Items Edit

  • デーモンクラブ
    • 高い攻撃力補正を誇るが、専用装備すると何故魔法攻撃だけがアップするの…?
    • というわけで実質的ありがたみは通常技に削りがつくの一点。削りでちくちくやるタイプではないので微妙(弱くは無いけれど)。
  • ナイトメアブレード
    • 毎度おなじみ高補正。だがトロルはほぼ100%物理だから、物理15%以上あれば他の武器でもいいと思う(アイスブレード、ルーンアックス、アースハンマー等)。
    • SAのガード不能は受身不能でヒット後に有利のある殴り殺すのダメージを加速する。
    • 頭突きも一部のレベルは受身が取れないのでこの辺でもガード不能SAを狙える。
  • シャイニングボウ
    • SA撃ちながら頭突きのためを開始できる。
    • 逆に使われると、体が大きい関係でIBでものすごく削られてつらい。
  • マナポーション
    • マナバーストが強力。また、技の回転はよくないので自分ではゲージを溜めづらいためあると便利。
  • プロテクションリング
    • 半端なく固くなる。先鋒に出せば魔法ダメージを食らいづらいので余計に嫌な感じに。
    • 魔法耐性を考えてシールド等の別の防御アイテムにするのもあり。
  • インビジブルマント
    • トロルの2択が見えないと結構厄介。ただ一発ネタ感は否めない。

ヘルパーとの相性 - Calling Helpers Edit

対戦キャラとの相性 - VS Characters Edit

  • ヴリトラ
    • 屈D→ハウリングジャンプを繰り返されるだけで辛い。もちろん永久もあるため相性は最悪。できる限り当てないように。
    • 当たってしまったらとにかく我慢し、通常のジャンプ攻撃に頭突きでの切り返しを狙おう。壁蹴りとかち合うとそのまま逃げられてしまう。
  • エリオン
    • 高性能な魔法ダメージ飛び道具に苦労させられる。遠間の相殺などでゲージをため、頭突きからごっそり持っていこう。
  • ナーガル
    • エリオンよりちょっとつらい。飛び道具の隙が少なく頭突きを奇襲気味に使う必要がある。
    • 食らいぬけがあるので、基本は叩き付けるか、ダウン技の2Cを狙う。
  • バルガン
    • ガンパウダー、Bショットが当たり易く移動を制限され易い。
    • 頭突きもガードされるとヘッドチャージが飛んできて2割ほど飛ばされるのでキツイ。ゲージがあれば4割ほど飛ばされる。しかも追加まで出されると反撃できないと来たもんだ。
    • 投げを回避する手段に乏しいため、投げ狙いを本命に戦おう。
  • ンシドル
    • 背の高さが災いして、画面のどこにいても永久の的。立ち回りは慎重に。
    • 地上に居てもインターセプトを喰らってしまう。特に頭突きへも反撃される点が厳しい。

その他 - Etc Edit


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS